講座「マイ・フェア・レディ」

File0249 平成15年に京都府立大学文学部が開催した公開講座の内容を元に作られた本。コックニーからアスコット競馬場まで内容は幅広く読みやすい。映画「マイ・フェア・レディ」に興味がある方にはおすすめ。定価1900円。

|

世界の庭園紀行 Gardens of the world

File0242 オードリー・ヘプバーンの世界の庭園紀行(DVD)
Gardens of the world with Audrey Hepburn

日本語版DVDを購入。日本語、英語の選択不能。ナレーションは日本語、オードリーの話は英語(日本語字幕)となっており原作をそのまま楽しむことはできない。なによりも画像の状態が悪い。オードリー最後の映像作品としては大変残念な作品。この番組でオードリーが着た服は全て自前で出演料もすべて寄付したとのこと。

|

ピグマリオン Pygmalion

File0241 「マイ・フェア・レディ」の原作の「ピグマリオン」(バーナード・ショー)をアマゾンで購入。有名な"The rain in Spain stays mainly in the plain."はない。"a cup of tea"の発音練習はあるが映画とすこし違う。だが最も大きな違いは、ヒギンズと喧嘩する際のイライザの自己主張の強さと、最後にイライザがフレディーと結婚する点だろう。正確には、ヒギンズがイライザとフレディーの結婚話を聞いて"Nonsense: she's going to marry Freddy. Ha ha! Freddy! Freddy!! Ha ha ha ha ha!!!!!"とあざ笑う。フレディーと結婚してもどうせ上手くいかないだろうし、映画のようにヒギンズと結婚しても?トラブルが続くだろう。イライザはいっそのこと書置きでもして行方不明にでもなった方がよかったのでは?

オードリーは映画「マイ・フェア・レディ」の撮影中、ピグマリオンの絵柄のカードをずっと脚本のしおりとして使っていたとのこと。

|

「ローマの休日」のスクリーンテスト

「ローマの休日」のスクリーンテスト(1951年9月18日)

オードリーはスクリーンテスト終了後、普通の服に着替えて椅子に座るように言われた。フィルムは回り続けていたがオードリーには知らされなかった。フィルムはハリウッドに急遽送られたが、パラマウント社の重役はこのフィルムに非常に満足しすぐに契約書が作成された。

"I came back and sat down and talked to him. He asked me a lot of questions about myself, about my work, and even about my past during the war in Holland... [and] that's what made the test. He had me on film being as natural as possible, not trying to act."
Enchantment (Donald Spoto), 2006

|

ル・コルドン・ブルー Le Cordon Bleu Paris

1895年創立のパリにあるヨーロッパ最高の料理学校。1954年オードリー・ヘプバーンが映画「麗しのサブリナ SABRINA」製作のために訪問。学生数約200名、うち留学生は約90%。授業はフランス語で行われるが、基礎・中級クラスには英語の通訳がつく。ただし、上級クラスは通訳なしとのこと。最上級の資格を取得するプログラム(Le Grand Diplome)の場合、料理または製菓の2部門を初級・中級・上級の各段階を3カ月かけてマスターしていく。授業料 は2006年の時点で30,950Euros。これに滞在費、旅費、食費、語学学校の費用などを含めると2年間で1千万弱ぐらいか?この値段では確かにサブリナのお父さん(トマス・フェアチャイルド)の言うように皆がパリに料理を習いに行けるわけではない。

Bonjour, Mesdames et Messieurs. Yesterday, we have learned the correct way how to boil water. Today we will learn the correct way how to crack an egg. Voila, an egg. Now, an egg is not a stone. It is not made of wood. It is a living thing. It has a heart. So when we crack it, we must not torment it. We must be merciful and execute it quickly like the guillotine. Crack. It is done with one hand. Kindly watch the wrist. Voila. One, two, three, crack. You see, it is all in the wrist. And now everybody, take an egg. One, two, three, crack. New egg. SABRINA, 1954

Mesdames et Messieurs

既婚女性対する呼びかけはMadame. 未婚なら Madamoiselle. 男性ならMonsieur. 複数形はそれぞれ Mesdames. Mesdamoiselles. Messieurs.  英語の Ladies and gentlemen! に相当する呼びかけは Mesdams et Messieurs.

|

バラとバラ園 Roses and Rose Gardens

オードリー・ヘプバーンの世界の庭園紀行「バラとバラ園」
Gardens of the world with Audrey Hepburn, Roses and Rose Gardens

Dear rose, thy joy's undimmed,
Thy cup is ruby-rimmed,
Thy cup's heart nectar-brimmed.

Women and Roses by Robert Browning

愛しい薔薇よ おまえの歓びは曇りなく、
花冠の縁どりはルビー色、
花冠の芯には蜜が溢れる

番組内でオードリーはRobert Browningと言っているが、Robert Brown(植物学者)に聞こえた、、、トホホ。

ロバート・ブラウニング(Robert Browning、1812-1889)
イギリスの詩人。パーシー・ビッシュ・シェリー(Percy Bysshe Shelley, 1792-1822)を崇拝していたという。

Women and Roses by Robert Browning

I.

I dream of a red-rose tree.
And which of its roses three
Is the dearest rose to me?

II.

Round and round, like a dance of snow
In a dazzling drift, as its guardians, go
Floating the women faded for ages,
Sculptured in stone, on the poet's pages.
Then follow women fresh and gay,
Living and loving and loved to-day.
Last, in the rear, flee the multitude of maidens,
Beauties yet unborn. And all, to one cadence,
They circle their rose on my rose tree.

III.

Dear rose, thy term is reached,
Thy leaf hangs loose and bleached:
Bees pass it unimpeached.

IV.

Stay then, stoop, since I cannot climb,
You, great shapes of the antique time!
How shall I fix you, fire you, freeze you,
Break my heart at your feet to please you?
Oh, to possess and be possessed!
Hearts that beat 'neath each pallid breast!
Once but of love, the poesy, the passion,
Drink but once and die!---In vain, the same fashion,
They circle their rose on my rose tree.

V.

Dear rose, thy joy's undimmed,
Thy cup is ruby-rimmed,
Thy cup's heart nectar-brimmed.

VI.

Deep, as drops from a statue's plinth
The bee sucked in by the hyacinth,
So will I bury me while burning,
Quench like him at a plunge my yearning,
Eyes in your eyes, lips on your lips!
Fold me fast where the cincture slips,
Prison all my soul in eternities of pleasure,
Girdle me for once! But no---the old measure,
They circle their rose on my rose tree.

VII.

Dear rose without a thorn,
Thy bud's the babe unborn:
First streak of a new morn.

VIII.

Wings, lend wings for the cold, the clear!
What is far conquers what is near.
Roses will bloom nor want beholders,
Sprung from the dust where our flesh moulders.
What shall arrive with the cycle's change?
A novel grace and a beauty strange.
I will make an Eve, be the artist that began her,
Shaped her to his mind!---Alas! in like manner
They circle their rose on my rose tree.

|

「ローマの休日」裏話

「ローマの休日」の別れのシーンで涙が出なかった裏話

When filming the scene where the princess Ann says her goodbyes to Joe, the inexperienced Hepburn was unable to produce the necessary tears.

グレッグGregory Peckとの別れのシーンでオードリーが泣くはずだったが、どうしても涙がでない。数時間が無駄にすぎて行き、最後にとうとう監督のウィーリー William Wylerがどなったところ、涙がどっとあふれてすぐに撮影し終了となったという話。

He (William Wyler) suddenly came up to me and started screeming at me. What is this! Who the hell do you think you are!  We are gonna stay here all night?

|

オードリー・ヘプバーンの素敵なおとぎ話 Audrey Hepburn's Enchanted Tales

P1040792 オードリー・ヘプバーンの素敵なおとぎ話(1992)
1993年のグラミー賞受賞作品。
内容:眠りの森の美女、おやゆび小僧、パゴダの女王レドロネット、美女と野獣
音楽:ラヴェルの組曲マ・メール・ロワより

Audrey Hepburn's Enchanted Tales is a 1992 spoken word album featuring classic children's stories read by actress Audrey Hepburn. She was posthumously awarded a Grammy Award for Best Spoken Word Album for Children in 1993.

オードリーは90才ぐらいの年寄りで、子供のころにラヴェルがパリ郊外の自宅をおとずれ組曲マ・メール・ロワを披露したのを思い出すという設定になっている。はじめ実話だと思いびっくりして何度も聞きなおしてしまった。オードリーの声をずっと聞いていたい人にはおすすめ。寝る前に聞くとぐっすり眠れるかも。美女と野獣の中で、ビーストが死にそうになりながら弱々しくビューティと呼ぶところが一番いいと思う。全編英語。

I'm an old woman now. So old that what it passed gets mixed up in my mind with what is now. When I remembered my child hood, what I remembered most is him. No memory is without Maurice Ravel that small, dark and elegant man who was to me the greatest composer who ever lived. In those years between 1906 to 1908 he would come often to le gaucher? our country house near Paris to visit my parents. One day he came very excited. I've written a piano piece. But ?I think you would like me?, he said. It's called ma mère l'Oye my Mother Goose.,,,Audrey Hepburn's Enchanted Tales, 1992

ラヴェル

ジョゼフ=モーリス・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel, 1875 - 1937)
ボレロなどでよく知られたフランスの作曲家。

マ・メール・ロワ(組曲)(Ma Mére l'Oye,1908~1910)
眠りの森の美女のパヴァーヌ(Pavane de la belle au bois dormant)
おやゆび小僧(Petit Pousset)
パゴダの女王レドロネット(Laideronette, Impératrice des Pagodes)
美女と野獣の対話(Les Entretiens de la Belle et de la Bête)
妖精の園(Le Jardin Féerique)

|

オードリーの歌う'Yes, We Have No Bananas'

オードリー・ヘプバーンの歌う'Yes, We Have No Bananas'
麗しのサブリナ(Sabrina)より

Audrey Hepburn 'Yes, We Have No Bananas'
Scene from the 1954 movie "Sabrina"

"Yes! We Have No Bananas" は1923年に大ヒットした。サブリナ公開の30年前だから、映画の中でオードリーが聞いた事がないと言っているのは、2年間パリに行っていたせいではなく二人の年齢の差によるものだろう。

Yes, we have no bananas
We have no bananas today
We've string beans, and onions
Cabashes, and scallions,
And all kinds of fruit and say
We have an old fashioned tomato
A Long Island potato
But yes, we have no bananas
We have no bananas today

|

オルリー空港でのインタビュー Audrey Hepburn and Mel Ferrer at Orly airport

オルリー空港でのオードリー・ヘプバーンとメル・ファーラーのインタビュー(フランス語)

An all-French interview with Audrey Hepburn and husband Mel Ferrer conducted at Orly airport in Paris, France.

たいして重要なことは語っておらず、アムステルダムへ行く途中にパリに立ち寄ったとか、いくつかのインタビューを受ける予定だとか、少しの休暇になればいいと思っているといった内容だとのこと。夫のメル・ファーラーもフランス語をしゃべるとは知らなかった。

オルリー空港は1970年台にシャルル・ド・ゴール国際空港が開港するまではパリ唯一の国際空港。

|

«モンテカルロへ行こう Monte Carlo Baby